--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-05-02

FINAL FANTASYⅩ攻略日記31 エンディング考察

ラスボスのエボン=ジュを倒せばいよいよ感動のエンディングです。
やはりFF10が最高傑作だと言われるゆえんはここにあり!
いろいろ賛否両論あるけど、自分の中ではベスト3に入るくらいの出来でしたwww

エボン=ジュを倒すために犠牲となった召喚獣たち、
ユウナがその召喚獣たちを異界送りします。
しかし案の定アーロンも消えかかる、すると
「もう おまえたちの時代だ」と言い残して去っていく。
最初から最後まで本当にかっこよすぎだぜアーロンさんwww
FF10_アーロン異界へ FF10_シン消滅

エボン=ジュを倒し、ついに人々に真の平和が訪れる。
『シン』が復活しない世界、召喚士も究極召喚の犠牲にならない。
しかしただ一つの代償があった、ティーダが消えるという代償がwww

やはり完全なハッピーエンドなどなかった、飛空艇の中でティーダの体が徐々に消えつつある。
ユウナが抱きつこうとするがティーダの体をすり抜けてしまう、あああ....
切なすぎる、そして悲しすぎる結末、その報われぬ愛の為に。

ティーダは意を決して走り出す、飛空艇から飛び出し、ブラスカ,アーロンの幻影、
そして最後にはジェクトとハイタッチ!
この演出最高に良すぎ、もう鳥肌ものですなwww
FF10_ティーダ消える FF10_ジェクトとハイタッチ

数日後、ユウナがルカのブリッツスタジアムで多くの人々を前に演説します。

「これからは、わたしたちの時代......だよね」

「いなくなってしまった人たちのこと 時々でいいから......
思い出してください。」
このセリフは非常に感動的なんだけど、その時見れるこれまでの旅の思い出のシーンの中に
シーモアとの結婚式があるがこれはいらないだろうwww
FF10_ユウナの名言

『シン』を倒したまさに歴史に残る召喚士が生きたまま演説する、もちろんユウナが初めてでしょう。
後ろにいるルールー,ワッカ,キマリ,リュックも歴史に残るガードですねwww
でもここにティーダとアーロンの2人がいたということも忘れてはいけない。
ラストのラスト、ティーダが海の中から復活したようなシーンがあってThe End。
これが次回作の伏線なのか、やばい10-2もやりたくなってきたwww

これでFF10もやり尽くしました、でもまだ訓練場制覇とか残ってるんですけどね。
まだ全てを超えし者と戦っていないし、ましてや出現すらできていません。
でもこれはかなり時間がかかりそうです。
というか2ヶ月以上もFF10をやり続けてそろそろ次のゲームに移りたいと言うのが本音。
FF10のやり込みはまたの機会にします、申し訳ありません。
次にやるゲームとしてはディノ・クライシスにしようと思っていますが、
いつやるかまだ決まってないです。
これから更新のペースも減るかもしれません、ではまた。
スポンサーサイト

theme : ゲーム
genre : ゲーム

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

gundam383

Author:gundam383
ようこそわが楽園へ!
このブログでは管理人のレトロゲームプレイ内容を記事にして紹介しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
このブログの訪問者数
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。