--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-04-28

FINAL FANTASYⅩ攻略日記29 『シン』との決戦 その1

非常に長くかかってしまいましたが、メインシナリオを進めようと思います。
あとやることと言えば訓練場制覇くらいです、
でもラストダンジョンのモンスターはどうせ制覇できないので、
クリアした後に全部まとめてやることにしました。

1.エボン=ジュとは
『シン』を倒す手掛かりを得るために聖ベベル宮にいるマイカ総老師と会いに行きます。

裁判の間に行きマイカと会って話をするも、ユウナレスカを倒したことに衝撃を受け激昂。
まぁ怒るのも無理はない、究極召喚がないと『シン』は倒せないと言うことになっているのだから。
究極召喚以外で倒す方法はないと主張するマイカ、
ユウナレスカも言っていたエボン=ジュについて言及する。
『シン』はエボン=ジュをまとう鎧のような存在、
その鎧を倒せる究極召喚がなければエボン=ジュが作り上げた死の螺旋に落ちるのみ、
結局言いたいことだけ言って本人は異界に消えてしまう、なんという身勝手ぶり。
これがスピラと寺院を代表する人物だったというのか、シーモアより嫌いになった。

マイカとの話の後祈り子が現れて話を聞くことに、
祈り子の話によるとエボン=ジュについて少しわかる、
エボン=ジュは昔召喚士だったらしい、それもかなりの腕だったらしい。
それがどういう理由かいまや永遠の夢を願い召喚を続けるだけの存在になってしまった。

究極召喚で『シン』を倒しても、エボン=ジュは倒せない。
エボン=ジュはその究極召喚獣に乗り移って、それを新たな『シン』にしてしまう。
つまりエボン=ジュを倒さないことには全ては解決しない。

そして話の最後には祈り子から衝撃の言葉が、
戦いが終わった後は祈り子達はザナルカンドの夢を見るのをやめると言いだす。
つまり、ティーダは消えるということか、なんてことだwww
でもそれを聞いても平然としていられるティーダ、なんという成長ぶりwww
ティーダ、いい奴すぎるわ。
ユウナは何も知らないのでティーダに問い詰める、
適当にごまかすがやはり嘘だとばれる、女の勘って怖いなwww
FF10_嘘下手だね

(マイカ面会後に各地の寺院の祈り子の間に行くと回避スフィア物理防御スフィアなど、
貴重なスフィアが手に入ります、なぜかバージ=エボン寺院では何もイベントはなしwww)
2.いざ、決戦へ
いざ『シン』との決戦へ、甲板に出て『シン』を迎え撃つことに。
『シン』との戦いの前にムービーがあります、破壊光線のようなものを放ち、
海が両断されるわで物凄いことに、ベジータのファイナルフラッシュを思い出したwww
これからは『シン』の左腕、右腕、シンのコケラ:グナイと3連戦、
途中で装備とか変えられないので注意。
しかしオメガ遺跡や訓練場などで鍛え抜かれた今のティーダ達では
ほとんど苦戦することなく撃破していくのであった、ちょっと強すぎたかなwww
飛空艇のレーダーでシンの腕を破壊していくのは凄いんだけど、
『シン』がジェクトと思うと、ちょっと可哀そうな気もwww
FF10_海両断 FF10_『シン』の腕

因みにシンに飛び移る時に好感度が最も高いキャラ(自分の場合はルールー
がティーダより先に飛び降ります、いろんなキャラのパターンが見て見たいwww
FF10_ブリッツの鉄則 FF10_飛ぶ『シン』

3連戦が終わると『シン』がダメージを受けて聖ベベル宮に墜落します。
これから再び『シン』との対戦、HPは14万あります。
この戦いでは時間制限があってゲージが満タンになると強制的にゲームオーバーになります。
また最初は距離が離れているので攻撃は魔法やワッカのボールでしか当たりません。
仕方ないので最初の方は召喚獣に戦ってもらいます、特殊攻撃なら距離は関係ないです。
ある程度ダメージを与えて距離が近づいたら全員で総攻撃、
これならAPを全員分稼げます、まぁ既に相当強化されているから実はいらないんだけどwww
FF10_シンの体内へ

『シン』撃破後はシンの体内に入ることができます。
FF10始めて約2ヶ月、長くかかりましたがようやく明日にはクリアできそうです、ではまた。
スポンサーサイト

theme : ゲーム
genre : ゲーム

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

gundam383

Author:gundam383
ようこそわが楽園へ!
このブログでは管理人のレトロゲームプレイ内容を記事にして紹介しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
このブログの訪問者数
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。