--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-04-05

FINAL FANTASYⅩ攻略日記23 恐怖のユウナレスカ

遂に物語も大詰め、ユウナレスカ戦は"グロ注意"ですwww
戦いの前にはFF10最大の名シーンもあります、今パートはかなりのボリュームです。

1.魔天のガーディアン
エボン=ドームの試練の間の仕掛けをクリアして下の階に進むと、
ボスの魔天のガーディアンと対戦します。
6つの円盤の内の3つにメンバーが乗って戦う構造、ハッキリ言ってやりづらいwww
円盤が光ると数ターン後に"マジカルマイン"で即死、これは召喚獣でも回避不可。
攻撃力が高いのとバーサクテイルがうざいのでかなり戦いづらい相手です、
せめてバーサク防御があったら楽なんですけどねwww

2.ユウナレスカと究極召喚
大広間に行くと遂にユウナレスカとご対面、本当にエロすぎる体ですなぁwww
しかしここでユウナレスカから衝撃の一言が、
なんと祈り子にするためにユウナ以外の誰かを一人犠牲にしろと。
つまり『シン』を倒すための究極召喚には、
最低2人は犠牲にならないといけないというわけか、何てひどい話だwww
FF10_ジェクトの覚悟 FF10_何も変えられなかった

ここで10年前のブラスカ達の幻覚が見える、今のティーダ達と同様の苦悩にさいなまれる。
ジェクトが自ら祈り子になると決断、かなりの英雄ぶり。
もしかしてFF10のなかで一番かっこいいかもwww
しかしそれでも結局何も変えられなかった、アーロンはそのことをひたすら悔んだ、切なすぎるwww
『シン』は何度でも甦る、ナギ節を作ってそれだけ、それじゃ何も解決しない。
ティーダは断じて阻止する決意、誰も死なずに『シン』を倒すことに拘る。
ワッカから欲張りだと言われるが、それでもティーダは、
「青くてもいい、無限の可能性ってものに賭けてみる!」と強気な発言。
一見無謀にも見えるがそれでも主人公はこうでないとね!
FF10_欲張る

話をするために先に進む、しかしユウナレスカはまたとんでもないことを言う。
究極召喚を使っても、『シン』は倒せない。
また人間の罪は完全に消えることは無いので、エボンの教えも単なる気休めだと言う。
「希望を否定するのなら 生きても悲しいだけでしょう。」 確かにそう言えなくもないがwww
寺院にも裏切られ、挙句の果てユウナレスカにも『シン』は倒せないと言わされる始末。
もう完全に詐欺師だな、ワッカやルールーも激怒。
FF10_物語を動かす時だ FF10_ワッカの決意

結局ユウナレスカと戦うことになります、しかしこの後の演出がかっこよすぎ。
特にアーロンの「今こそ物語を動かす時だ!」は究極の名言と言える、
何気にワッカとルールーのやり取りもかっこいいwww
「ここで逃げちゃあ、俺は俺を許せねえよ!」、いやぁ痺れるねぇww
まさにFF10最高の名シーンと言える、でもこの後の戦いで全滅したらまた見なきゃいけないwww

ユウナレスカ戦、第3形態まであります。
第1形態目はそれほど強くないです、攻撃すると状態異常攻撃で反撃するので回復しながら戦う。
第2形態でヘルバイターという技を仕掛けて全員をゾンビにさせる、かなりうざい。
しかしこまめに治しても、この後の第3形態に控える"オーバーデス"が厄介なんですよね。

そして2形態目を倒すと恐怖の第3形態、ギャアアアアア!!
FF10_みんなのトラウマ

これなんてホラーゲー、まさにガクガクブルブル (((((( ;゚Д゚))))))wwww
もしかしてこれがユウナレスカの究極召喚っすか、だとしたらかなりの悪趣味www
初っ端のエロ路線とは完全に変わった、
しかもパーティー全員にデスをかけるという恐怖のオーバーデスまでしてくる。
ゾンビ状態なら回避することが可能です、
しかし初見だとゾンビ状態をこまめに治して全滅するという罠、多くのプレイヤーが味わったのではないか。
もちろんこれを防ぐには防具にアビリティ"即死防御"、ただし100%防ぐと言ったら
異界の風*60で"完全即死防御"を防具に改造してセットしておきます。、

チョコボレースで異界の風を60個手に入れていれば、一人は完全に防ぐことができます。
自分は既に60個手に入れていたのでアーロンに装着させました、まぁゾンビ状態のままでもいいけど。
またユウナのホーリーや、ルールーのフレアも覚えていればとにかく使うこと。

戦闘終了後、ユウナレスカ消滅、でもこの後で重要なヒントを言い残す。
「永久に生きるエボン=ジュが新たな『シン』を生み出すのみ。」
いよいよ物語の核心部分に迫った発言、何気にユウナレスカ様も親切だなぁwww

今日の一言、「無限の可能性ってものに賭けてみるっす!」
スポンサーサイト

theme : ファイナルファンタジー
genre : ゲーム

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

gundam383

Author:gundam383
ようこそわが楽園へ!
このブログでは管理人のレトロゲームプレイ内容を記事にして紹介しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
このブログの訪問者数
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。