--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2013-03-08

FINAL FANTASYⅩ攻略日記8 ミヘン・セッション~ジョゼ寺院

いよいよ討伐隊によるシン撃退作戦が行われる、その名も"ミヘン・セッション"。
各地からシンのコケラを集めてシンをおびき寄せ、アルベド族の機械などを使って一気に倒そうとする作戦。
ただ機械なんかを使って倒せるような相手とはとても思えない、
作戦の指揮者であるウェン=キノック老師ですら「どうせ失敗する」と言う始末、orz

このイベントの前にガッタとの会話で選択肢があって、
その選択肢で"その通り!"を2回連続で選択するとガッタが死亡しルッツが生き残る、
ガッタとの会話を無視するか"そんなことはない"を選択するとルッツが死亡しガッタが生き残る。
しかしいずれにせよストーリーの展開にほとんど影響しないのであまり気にするほどでもない、
10-2にも二人は出てこないしwww
FF10_キノック老師 FF10_シンのコケラ:ギイ

そんなこんなでティーダ達もミヘン・セッションを見守ることに、
しかしそこにシンのコケラ:ギイが出現して対戦することになります。
この時点で戦うボスとしては非常に難敵、苦戦は必至。
本体を倒せばOKなんだけど、本体のHPは10000もある上に、両腕が本体をガードしてダメージ量を減らす。
しかもこの両腕、倒しても数ターン後には復活するからそのたびに倒さないといけない。
これだけでも面倒なのに、頭部が妙な動きをした後は毒液まで攻撃してくる。
しかも本体の攻撃力は異常に高く、700~800は軽く喰らう、ユウナルールーなどは即死する可能性がある。

対策としてはまずアーロンのパワーブレイクで本体の攻撃力を減らすこと、これは必須です。
そして妙な動きをした後は魔法かワッカの攻撃で頭部を攻撃します、
本体の攻撃はアーロンに任せて余裕のある時だけルールーの魔法攻撃も重ねます、
HPが10000もあるので長期戦は必至、メガポーションも惜しまず使った方がよい。
またユウナのバサンダでサンダーを防ぐのもよい。

ここで海からシンが出現しイベント&ムービー、
シンの発する光線で討伐隊のほとんどが瞬殺、そしてユウナが目覚めると目の前には
復活したギイと戦うシーモアの姿が。
ここからギイとの2回戦目です、ユウナ,アーロン,シーモアの固定メンバーで戦います。
本体の能力は低くなってる上に、シーモアの魔法が強力なのでまず苦戦はしないと思います。
せめて1回戦目でシーモアが参戦してくれたらwww

教えに背いた罰なのか、それともシンが強すぎたのかwww
今回の作戦で多数の討伐隊の命が奪われてまたユウナが異界送りの儀式、
「人が死ぬたびにユウナは踊る、あの悲しい踊りを...ユウナは あと何回?」
FF10_シンvsアルベド FF10_祈り子

ただこの異界送りをされた亡霊たちの中に序盤のザナルカンドで現れた謎の少年が現れる、
これは一体何を暗示しているのでしょうか、だんだんとFF10が面白くなってきたぞ。

そしてジョゼ寺院に向かおうとすると突然キマリが喋る、今作で彼が喋る最初の場面。
笑顔の練習クソワロタ、キマリにもお茶目な一面があるんだなwww
寺院まで行くと討伐隊のルチル,エマル,クラスコの3人衆と再会、
ていうか真っ先に突撃したはずなのによく生きていたなwww
また中に入ると召喚士イサールが登場、どう見ても桃太郎だろwww
FF10_喋るキマリ 召喚士イサール

ジョゼの寺院の試練の間に行くと、まーた嫌らしいスフィアの仕掛けの連続。
これって攻略本なかったらキツイな、モンスターが出ないのが唯一の救いwww

祈りの間まで行くと召喚士ドナまで登場、
伝説のガードアーロンに対しておじさんだって、思わぬ恥をさらしてしまうドナ、ざまぁwww
召喚士イサールとなぜこうも違うのか、ていうか召喚士なのにこの性格は問題ありだろ、しかも露出狂だし。
イベント後はようやく3体目の召喚獣イクシオン入手、かなり強い召喚獣だから重宝します。
次回からは幻光河へと進みます。
スポンサーサイト

theme : ファイナルファンタジー
genre : ゲーム

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

gundam383

Author:gundam383
ようこそわが楽園へ!
このブログでは管理人のレトロゲームプレイ内容を記事にして紹介しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
このブログの訪問者数
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。