--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-07-10

DS版クロノトリガー挑戦日記その1 旅立ち~王国裁判

どうもこんばんは、少し更新に間が空きました。
先週に引き続きクロノトリガーをプレイしています。
まぁクロノトリガーについてはほとんど説明することはないんですけど、
有名なゲームですのでネタ知っている人も多いと思います。
DS版と言ってもほぼ完全にSFC版とストーリーは一緒です。

一番最初のリーネ広場でいい加減な行動とっていたりすると後の王国裁判で大変なことになっちゃいます。
まぁ結果的には無罪だろうが有罪だろうがそれほど変わりないんだけど。
やっぱり弁当勝手に食ったり、ペンダント売ろうとしたらそりゃ悪人に見えるわwww

そして次のイベントでは、SFっぽいネタが出てきます。
中世のガルディアにてリーネ王女が誘拐されてその後彼女に瓜二つのマール王女が現れた、そして捜索活動打ち切り、本当の王女は殺されてその子孫である現代の王女も消える。
いわゆる親殺しのパラドックスって奴です、これは当時のRPGとしては斬新だったかも、ドラえもんにも出てくる。
けど小学生の時に遊んだ時は正直わからなかった、馬鹿でしたね (^_^;)www
マールが消えるシーンは衝撃的でした、クロノトリガーのトラウマシーンの一つです。

この後はルッカと一緒に西の修道院で捜索、カエルが仲間になるんですが、やっぱりカエルは違和感あるなwww
けどカエルのテーマはかなり好きな曲のひとつです。
ボスのヤクラを倒して無事王女救出、その後現代のマール王女も戻ってきて一件落着。

ルッカのゲートホルダーで現代に戻ってきて、ガルディア城に行ったのはいいものの、
クロノは王女誘拐と言う無実の罪をきせられることになります。
でもここで驚いたのがこの王国裁判で既に陪審員なる者達が出てきているということ。
あれれ? これって今でいう裁判員制度じゃないか。
1995年発売の当時で既にこの制度をゲームの中に取り入れていたのか、スクウェア凄いな (゚Д゚)www

~余談、クロノクロスとの関係~
実は去年の3月~4月はクロノクロスをやっていました、クロノクロスはクロノトリガーの20年後の物語ですけど
そのクロノクロスに出てくるエルニド諸島というのはクロノトリガーの方には出てこないんです。
自分も昔かなり不思議に思っていました、パレポリは出てくるのに何でエルニドは出てこないんだろうってね。
まぁここは製作スタッフの都合と言うか、設定上無理矢理こじつけた感じが否めない、そもそもエルニドという地名自体トリガーの方には一切出てこないしwww
クロノクロスをクリアした後でクロノトリガーをやってみるとまた違った視点からのぞむことができて楽しいかも。
スポンサーサイト

theme : ニンテンドーDS
genre : ゲーム

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

gundam383

Author:gundam383
ようこそわが楽園へ!
このブログでは管理人のレトロゲームプレイ内容を記事にして紹介しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
このブログの訪問者数
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。