--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-03-19

FINAL FANTASYⅧ攻略日記14 トラビアガーデンで思い出話

トラビアガーデン、ミサイルが直撃してひどい有様に。
墓場に行くと、ゾンビーのドローポイントがある、場所的にはあってるけど
いくらなんでもあんまりだろ、バイ○ハザードじゃあるまいしwww
セルフィの墓参りを見た後だと何とも言えない気分になる......

バスケットコートに行くとスコール達6人が勢ぞろい、ここで昔の思い出話がきけます。
思い出話といっても全員忘れてるみたい、唯一アーヴァインだけが覚えていた昔の孤児院の記憶。
アーヴァインは昔ある孤児院で暮らしてた、そこでセルフィ・キスティスと一緒にいたことを覚えていた。
「元気なセフィとえばりんぼのキスティス」
それに吊られたのかセルフィもキスティスも昔のことを思い出したwww
「どうして言ってくれなかったのよ~!」
アーヴァインはガルバディアガーデンで最初に会った時から覚えてたらしい、だったら言えよwww
孤児院1
そしてゼルも思いだす、そしてそして何とサイファーも一緒だった?
サイファーに苛められていたゼル、今も昔も変わらないwww
そしてスコール、もちろんスコールもそこにいた、「お姉ちゃんぼく大丈夫だよ」
でも本当は全然大丈夫じゃなかった、クソワロタwww
スコールが昔の回想シーンで歩ける場面で一言。
キスティスとセルフィに関しては覚えてたみたいだけど、ことアーヴァインに限っては
「アーヴァイン? 悪いな、覚えてない。」
孤児院2
きっぱり否定、そりゃねぇだろスコール www
スコールが言っていお姉ちゃん、実はこのお姉ちゃんがエルオーネ、そうだったのか。
ここで一つの疑問にたどり着く、なぜ自分達は今思い出したのか?
逆にいえばなぜ今まで忘れていたのか、その答えはGFの使用にあった。
GF、ガーディアンフォースは自分達に力を与えてくれる、でもその代償として昔の記憶を消していく。
これは"若年性健忘症"ではないだろうか、だとしたら恐ろしい (´д`)
キスティスはそれはGF否定派のデマだと言ってる、けど現に忘れてただろwww

孤児院で昔全員一緒に暮らしていた、ここまで来ると逆に話が出来すぎだと思う。
そうすると彼らを世話していた"ママ先生"は誰? もうだいたい想像がつくwww
そう、その人こそ魔女イデア、あの黒い服、あの長い黒髪、みんな考えが一致www
つまり魔女イデアを倒すということは昔世話になっていたママ先生を倒すこと。
アーヴァインがデリングシティで狙撃するときためらったのはそういうことだったのか。
単にヘタレだと言われないのは昔の記憶を一人だけ覚えていたからなのか、確かにママ先生の暗殺を一人で背負わされるなんて普通は身が持たないですよねwww

ここでアーヴァインの名言が聞ける。
「人生には無限の可能性があるってさ~。
僕はそんなの信じてないんだ、いつだって選べる道は少なかった。
その、少なかった可能性の中から自分で選んだ結果が僕をここまで連れてきた
だからこそ僕はその選んだ道を…選ばなくちゃならなかった道を大切にしたい。」
アーヴァインのこのゲームにおける最高の見せ場なのかもしれない、実はアーヴァイン=主人公?
このアーヴァインの熱い"激"を受けて、スコール達も戦うことを改めて決心する。
「俺たちの方法ってこうなんだ、戦うことでしか自分も仲間も守れない。」
リノアも決心する、ていうか孤児院思い出はリノアだけ仲間外れなのかwww

次はみんなで孤児院の家に行こー! そしてガルバディアガーデンとの戦いじゃー!
ということで明日あたりでDisc2は終了しそうです。
スポンサーサイト

theme : ファイナルファンタジーシリーズ
genre : ゲーム

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

gundam383

Author:gundam383
ようこそわが楽園へ!
このブログでは管理人のレトロゲームプレイ内容を記事にして紹介しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
このブログの訪問者数
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。