--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-03-02

FINAL FANTASYⅧ攻略日記5 過去形にされるのはごめんだからな!

前回の続きです、森を抜け遂にガルバディアガーデンに到着です。
ガルバディアガーデンはかなり広いです、バラムガーデンより大きいかも。
FF6で出てきたような魔導アーマーが空飛んでいる、科学発展しすぎ、
そしてなんと学園内にスケート場まである、こんな学校に通いたいですねwww
意外な所にドローポイントがあります、特に1F中央広場のヘイストは見落としやすいwww
2階の応接間で待機、そこでキスティス先生からサイファーが処刑されたと聞かされます。
ここでスコールの中でまたもやもやが、"俺も死んだら過去形になるのか"
"俺は過去形になるのはごめんだからな!"みたいなことを言って出ていきます。
スコールの気持ちもなんとなく理解できるけど、そこまでムキにならんでもいいじゃないか。

この後はメンバー自由行動、ゼルもなぜか腕立て伏せに参加、
しかしちゃっかりスカートの中を覗き見、やっぱりwww

正門前に集まるとガルバディアガーデンのドドンナ学園長から新たな指令。
"魔女イデアの暗殺、確実に狙撃せよ"
ていうか銃で殺せるの? 相手は魔女だよ、何考えてんの?
これで狙撃主アーヴァインが仲間になるんですが、学園長もこんなチャライ男にこんな重い任務を任せていいのか? それともガルバディアはそれほど人材不足なのか?
マップに出て列車に乗りデリングシティに行きます、フィールドマップ上を列車が走るのは本当に違和感ありますwww
デリングシティに到着、街中をバスが走っていてバスでも自由に移動可能、お金はかからないみたい。
カーウェイ大佐の命令で名もなき王の墓まで向かいます、次のイベントはそこですね。

-戦闘編-
FF8の戦闘にはかなり慣れてきましたが、やっぱりG.F.のアビリティは重宝しますね。
なんといっても"魔法精製アビリティ"ですね、魔導石1個でサンダガ・ファイガ・ブリザガが5個、
テント1つでケアルガ10個も精製できます、これらをジャンクションすれば超強力キャラの出来上がり。
しかし当然お金がかかります、また1個だけ精製してもダメで1つの魔法を合計100個精製してジャンクションしないと意味ないです。
例えばケアルガは100個用意してジャンクションしないと"HP+2200"にはならないということです。
またカードコマンドも重宝します、カードとはもちろんモンスターをカードに変化させるということです。
実はモンスターをカードに変化させて倒し、さらにそのカードをカード変化のアビリティでアイテムに変化させることでも強力なアイテムが入手できたりします。
本当にFF8って奥が深いですね、実はかなり面白いゲームなんじゃない?と今更ながら思います。
スポンサーサイト

theme : ファイナルファンタジーシリーズ
genre : ゲーム

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

gundam383

Author:gundam383
ようこそわが楽園へ!
このブログでは管理人のレトロゲームプレイ内容を記事にして紹介しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
このブログの訪問者数
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。