--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-04-28

クラッシュ・バンディクー挑戦日記 その1

クラッシュ・バンディクーをPSPのゲームアーカイブスでプレイしています。
画面小さいけれどなんとか頑張っています。(^_^;)
悪の科学者コルテックスに人質にとられたタウナを救うため冒険に出るクラッシュ・バンディクー。
しかしその道中では想像もできないほどの苦痛を何度も強いられることになる。
やっぱりこのゲーム難易度高い、高すぎwww
小学生の時の記憶もかなり曖昧、相変わらず攻略サイト見ながらのプレイですが
なんとか現在までステージ15の「またおおいわだ!」までクリアしました。
しかしなんといっても一番難しいのは"箱を全部壊すこと"、これがもう至難の業。
ただでさえステージ自体の難易度も高いというのに、
しかもステージ終盤までパーフェクトまで来ていたのにゴール寸前でミスってしまうとそれまで壊した箱の数も当然リセット。
そうなるとチェックポイントからじゃなくまた一番最初からやり直し、もう嫌になるwww
まぁこれをやらないと実は本当の意味でのクリアができないというのがこのゲームの醍醐味なんですけどね。
(実は隠しステージもいくつか存在するらしいです。)

特に一番最初のステージの下の場面、全部箱でできた橋。
目覚めのビーチ
当然壊さないといけないけど、落ちたら即OUT、いくらなんでもあんまりだろ、一番最初のステージでこれかよwww
他のステージも難しいのが続きます、「とりでのてっぺんへ」 「とかげでだいジャンプ」
あたりは本当にしんどいwww
けど意外とボス戦が楽だったりしますwww

あとこのゲームは奥行き感がつかみづらい、道の途中で穴があってジャンプしなきゃいけない時に距離感が掴めずに落ちたりするケースがちょくちょくある。
ブリオのボーナスステージもどうやってクリアすればいいのかくらい難易度が高い、必ず爆弾箱があるし。
ここまで苦しんだアクションゲームは多分スーパーマリオブラザーズ2以来ですね。
マリオ2もクリアしたことはあるけど、何度ミスったことかwww
スポンサーサイト

theme : レトロゲーム
genre : ゲーム

2012-04-24

クラッシュ・バンディクー&You Tube動画紹介

いつもブログを見ていただきありがとうございます。
今回からはPSPに代えてゲームアーカイブスのクラッシュ・バンディクーを攻略していきたいと思います。

クラッシュ・バンディクー1 クラッシュ・バンディクー2
1996年12月6日に発売で、シリーズ化されて2,3,4...と続いています。
てか続編こんなに出てたなんて知らなかった、自分がやったことあるのは3までだけど。
これも小学生の時にかなりハマったゲームの一つです、今となってはいい思い出です。
ですがこのゲーム、ネット上でもかなりの"鬼畜ゲーム"と言われてます、特に初代が。
実際やってみるとそうなんですが、とにかく難しいです、僕も小学生の時はかなり苦戦した記憶がありますwww
初回から難所の連続で、箱を全部壊さなければダイヤが手に入らないという仕組みとか
タウナのボーナスステージをクリアするかあるいは箱全部壊してクリアしないとセーブできないとか、
とにかくあんまりだろって思いたくなるほど難易度は高いです。
とは言っても小学生の時は確かパーフェクトクリアを達成できた記憶があります、定かじゃないけど。
もちろん何度も挑戦しての話ですけどね、実際アクションゲームはそこまで得意な方じゃないですwww
難易度は高いと言ってもPSのアクションゲームの中ではかなり人気が高い方じゃないでしょうか、
少なくとも自分の中ではそう思う。

ゲームアーカイブスでPSPでのプレイとなるとかなり画面小さいです、ですが中古ゲーム屋いくら探しても
クラッシュ・バンディクーが見つからなかったので仕方ないです。
TV画面に出力できる方法もあるらしいけど面倒くさいのでこのままプレイすることにします。

余談ですが5月のGWの最後に東京に行く予定ができました、PS2だったらできないけど
PSPなので普通に持っていくこともできる、これなら向こう行ってるときでも遊べる、最高だな。

続きを読む

theme : ゲーム動画
genre : ゲーム

2012-04-22

PSP-3000を購入しました

ついに自分もPSPを購入しちゃいましたwww
PSP-3000
今更PSP-3000かよって思うかもしれない、最新版はPS-Vitaですからね。
何故かいつもこうなってしまうんだよね、予算の関係でどうしても最新版ではなくそのひとつ前の世代のゲーム機を購入しちゃう、というのは昔からの癖です。
どうせいつか値下げするからそれまで待っておこうといつも我慢してます、実際なくてもそこまで困らないしwww
だからスマートフォンも持ってないんだよね、いつになったらスマホに換えようかなwww
しかしやはりPSPに関しては欲しいとは思ってました、何故か。
それはやっぱりゲームアーカイブスです、このゲームアーカイブスでは
初代PS及びPCエンジンで販売されたゲームタイトルが遊べる、これはぜひやりたい、
レトロゲームが好きな自分にとっては最高のサービスといえる。

ほとんどこれが目的で購入したようなものです、"モンスターハンター"も興味あるけどそれは多分先の話。
ただゲームアーカイブスで遊ぶにはPSPだけでは足りません、これにプレイステーションネットワークカードとPCと接続できるUSBケーブル、さらにデータを保存するためのメモリースティックDuo、それぞれ別売りですがこの三つ合わせると軽く見積もっても5000円は超えます。
これにPSP本体を合わせると、まず2万円は超えます。
実際に自分がかかった経費は、
PSP-3000本体で15900円
プレイステーションネットワークカードは3000円
ゲームテックのくるくるダブルUSBケーブルは880円
メモリースティックPROデュオ4GBは2000円
以上合計で21780円、結構かかりました。
でも全部合わせても恐らくPS3本体購入よりは安く済みます、中古で購入すれば別だけど。
やっぱり中古はちょっと抵抗あるんだよね、通販も今回は控えました、
買ってすぐ壊れちゃうのは絶対避けたかったので。
しかしPSPは凄いですね、最新版ではないとはいえ無線LANができるとはwww
無線LANだけではなく、音楽もメモリースティックに保存すれば音楽プレイヤーとしても使える。
この点からしてもDSに比べ性能がいいんじゃないかwww

おかげで"クラッシュ・バンディクー"を中古ゲーム屋でいくらさがしても見つからなかったけどゲームアーカイブスで探し出すことができた。
しかしいろいろ事前の登録作業とかソフトのダウンロード作業が面倒、"Media Go"とかいうソフトもダウンロードしなければいけないみたいです。
USBケーブルでPSPをPCにつないでダウンロードした"クラッシュ・バンディクー"をPSPに転送すれば準備完了です。
これでいつでもどこでも楽しめる、最高だな。
クラッシュ・バンディクー以外にも面白そうなソフトいっぱいあります、例えばPCエンジンの"大魔界村"や"グラディウス"とか、初代PSソフトは今持ってるソフトも含めてもかなりある、ていうか多すぎて迷う。

theme : PSP
genre : ゲーム

2012-04-18

FINAL FANTASYⅧ攻略日記番外編 エンディング考察

FF8をクリアして今日はエンディングに関しての記事です。
このエンディングもファンの間からは人気が高いみたいです。
しかしこのエンディングにはまた隠された謎があるらしい、ネットでいろいろ調べてみると
"リノア=アルティミシア説"があるとのことwww
本当かよそれ? でも確かに物語中及びエンディングにいろいろ伏線があったりする。

(時間……場所……いっしょにいたい人……
あの場所へ!スコールと約束したあの場所へ!)
元の時代に帰ろうと必死になるメンバー達、しかしスコールの姿だけが見当たらない。
スコールだけが次元の狭間らしい場所に迷い込んで幼少時代の孤児院に行っちゃうシーンがあるんですが、
ここで魔女アルティミシアも瀕死の状態で登場www
ff8エンディング1

まだ死んでいなかったアルティミシア、誰かに魔女の力を継承死なない限りは死ねない、それが魔女の宿命。
そしてその継承者に選んだのが魔女イデア
なるほどこれでこのFF8の物語の辻褄が合うわけですね、なぜイデアが魔女になったのか。
SeeDの由来もここでスコールからここで教わったのでしょうね。
全てはここから始まったというわけですか、しかしここである疑問が。
スコールの前になぜアルティミシアが現れたのか? ということです。
スコールがあの時代に辿りついたかは偶然かもしれないけど、
アルティミシアまで偶然あの時代に現れるなど普通あり得るのでしょうか?
明らかに「スコールを追ってきている」のではないのでしょうか。
スコールとリノアが約束した場所にアルティミシアが現れた、これって偶然なのか?
そしてその後でイデアに力が継承されてそれから全てが始まる。
う~ん、あまりにも話ができすぎ。
そしてその後のスコールの回想シーンの中でリノアの顔がぼやけて怖いシーンが流れるけど、その中でほんの一瞬だけアルティミシアの顔が映る、ほんの一瞬だけどこれの意味するのは一体......

ドラクエ7にもキーファ=オルゴ・デミーラ説というのがあったけどあれよりもかなり信憑性が高いかも。
しかしFF8のこのリノア=アルティミシア説はかなり頷けるものがある、もちろん公式の設定ではないのでなんとも言えませんがね、批判してる人も多いし。
やっぱりFF8は奥が深いゲームだったな、何でクソゲーって呼ばれてるんだろ?
でも正直13年前の自分も理解できなかった、けど大人になった今でこそ言える、FF8は面白い(^_^)!

続きを読む

theme : ファイナルファンタジーシリーズ
genre : ゲーム

2012-04-17

FINAL FANTASYⅧ攻略日記28 最終決戦 魔女アルティミシア★

ついに来た主の間、魔女アルティミシアとの決戦です。
今回のアルティミシアとの最終決戦も動画に保存しました、あとでUPする予定です。
動画UPにかなり時間かかります、約1時間分は録画したので尚更です。
ラストバトル、ここで一番嫌なのは戦う3人メンバーをアルティミシアに勝手に選ばれること。
その対策としてはメインに戦う3人にだけGFを集中的にジャンクションして、後はその3人が揃うまで
それ以外のメンツを戦闘不能させる、というのが常道だと思います。
しかしここでは敢えてそのランダムに選ばれた3人を維持しつつクリアを目指そうと思います。
その対策となるのがGFのジャンクションアビリティです、HPJ、力J, 体力J, 魔力J, 精神J、早さJあたりを
6人のメンバー全員にバランスよく配置すること、しかし最初から体力Jがあるのはシヴァ,ケツァクアトル,カーバンクルの3つだけ、さらにそれ以外のジャンクションもメンバー6人分揃っていないのが現状、そこで使うのはHPの書や体力の書などのアイテム。
忘れ草でGFに不要なアビリティを消させて、メンバー6人分揃うように覚えさせましょう。
特にHPJと力Jと魔力J、さらに魔法攻撃が強力なので精神Jもできれば覚えさせる。
これでメンバー全員にバランスよく能力ジャンクションさせて準備万端、いよいよ戦いに臨みます。
アルティミシア1 アルティミシア2
しかしここで思いもよらぬことが、よりにもよって選ばれた3人が
アーヴァイン,リノア,セルフィ......(゚Д゚)
何でよりによってこの3人なのよ! しかしそこはラスボス、ちゃんと考えてるなwww
もちろん全員バランスよく魔法を配置させたけど、でもセルフィには早さジャンクションをしてない、遅いwww
スコールがいないのも痛い、でもなんとかこの3人で突破をしてみせよう。
上の3人でもちゃんとアルテマとメテオとアレイズ、トリプル、オーラなどの強力な魔法は100個まで所持している状態なので、多分問題はないと思うけどwww
しかし戦ってみると、やっぱり案外行けるものです。

第1形態:メルトン+物理攻撃で楽勝、もちろん普通の戦い方で大丈夫だと思うけど。

第2形態:グリーヴァ召喚、いよいよここで登場、Disc2の最後の方で名前をつけたあのライオンの登場。
一体なんでアルティミシアがスコールのグリーヴァなんか知ってるのか、まぁそれはいいとして。
「記憶がなくなる?」の後のショックウェーブパルサーの威力は絶大、あと任意に魔法が消される。
魔法が消されるのは痛い、でも幸いアルテマやメテオなどは消されずに済んだwww

第3形態:アルティミシアがグリーヴァの着ぐるみを被ったような状態になる。ここでは魔法は消されない
グレートアトラクターの威力も高いので注意、毎度のごとく回復はラストエリクサー
リノアとセルフィはひたすらメテオ、アーヴァインは特殊技連発でなんとか撃破、しかし本当の戦いはこれから。

最終形態:もはや最初の姿の面影がない、ここまで気持ち悪いラスボスも見たことない。なぜか敬語だしwww
ヘルジャッジメントでHP1にされるけど、ここで特殊技のチャンス、もちろんその後で回復を忘れないこと。
一番注意しなければいけないのがHPが3割以下になったときに使用するアポカリプスという強力魔法、ろくに魔法防御上げてなかったアーヴァインが即死、大ピンチwww しかも魔法まで消されるし。
それでもトリプルをかけてリノアとセルフィでメテオ連発、アーヴァインは毎度のごとく特殊技連発で攻めまくる。
ラストはリノアのウィッシュスターでとどめ、セリフを発するようになりようやく戦いも終わりです。
アルティミシア3
結論、やっぱりメテオ+トリプルは最強だなwww
結局最後までスコール出番なしだった、主人公なのに (゚д゚) orz

これで正真正銘クリア、あとはエンディングです。
しかしこのエンディング、いろいろ書きたいことがあってかなり長い記事になりそうです。
そこでエンディングに関しての記事は明日にすることにします、いろいろ面白いネタがあるのでwww

theme : ファイナルファンタジーシリーズ
genre : ゲーム

プロフィール

gundam383

Author:gundam383
ようこそわが楽園へ!
このブログでは管理人のレトロゲームプレイ内容を記事にして紹介しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
このブログの訪問者数
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。