--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2012-04-18

FINAL FANTASYⅧ攻略日記番外編 エンディング考察

FF8をクリアして今日はエンディングに関しての記事です。
このエンディングもファンの間からは人気が高いみたいです。
しかしこのエンディングにはまた隠された謎があるらしい、ネットでいろいろ調べてみると
"リノア=アルティミシア説"があるとのことwww
本当かよそれ? でも確かに物語中及びエンディングにいろいろ伏線があったりする。

(時間……場所……いっしょにいたい人……
あの場所へ!スコールと約束したあの場所へ!)
元の時代に帰ろうと必死になるメンバー達、しかしスコールの姿だけが見当たらない。
スコールだけが次元の狭間らしい場所に迷い込んで幼少時代の孤児院に行っちゃうシーンがあるんですが、
ここで魔女アルティミシアも瀕死の状態で登場www
ff8エンディング1

まだ死んでいなかったアルティミシア、誰かに魔女の力を継承死なない限りは死ねない、それが魔女の宿命。
そしてその継承者に選んだのが魔女イデア
なるほどこれでこのFF8の物語の辻褄が合うわけですね、なぜイデアが魔女になったのか。
SeeDの由来もここでスコールからここで教わったのでしょうね。
全てはここから始まったというわけですか、しかしここである疑問が。
スコールの前になぜアルティミシアが現れたのか? ということです。
スコールがあの時代に辿りついたかは偶然かもしれないけど、
アルティミシアまで偶然あの時代に現れるなど普通あり得るのでしょうか?
明らかに「スコールを追ってきている」のではないのでしょうか。
スコールとリノアが約束した場所にアルティミシアが現れた、これって偶然なのか?
そしてその後でイデアに力が継承されてそれから全てが始まる。
う~ん、あまりにも話ができすぎ。
そしてその後のスコールの回想シーンの中でリノアの顔がぼやけて怖いシーンが流れるけど、その中でほんの一瞬だけアルティミシアの顔が映る、ほんの一瞬だけどこれの意味するのは一体......

ドラクエ7にもキーファ=オルゴ・デミーラ説というのがあったけどあれよりもかなり信憑性が高いかも。
しかしFF8のこのリノア=アルティミシア説はかなり頷けるものがある、もちろん公式の設定ではないのでなんとも言えませんがね、批判してる人も多いし。
やっぱりFF8は奥が深いゲームだったな、何でクソゲーって呼ばれてるんだろ?
でも正直13年前の自分も理解できなかった、けど大人になった今でこそ言える、FF8は面白い(^_^)!

続きを読む

スポンサーサイト

theme : ファイナルファンタジーシリーズ
genre : ゲーム

2012-04-17

FINAL FANTASYⅧ攻略日記28 最終決戦 魔女アルティミシア★

ついに来た主の間、魔女アルティミシアとの決戦です。
今回のアルティミシアとの最終決戦も動画に保存しました、あとでUPする予定です。
動画UPにかなり時間かかります、約1時間分は録画したので尚更です。
ラストバトル、ここで一番嫌なのは戦う3人メンバーをアルティミシアに勝手に選ばれること。
その対策としてはメインに戦う3人にだけGFを集中的にジャンクションして、後はその3人が揃うまで
それ以外のメンツを戦闘不能させる、というのが常道だと思います。
しかしここでは敢えてそのランダムに選ばれた3人を維持しつつクリアを目指そうと思います。
その対策となるのがGFのジャンクションアビリティです、HPJ、力J, 体力J, 魔力J, 精神J、早さJあたりを
6人のメンバー全員にバランスよく配置すること、しかし最初から体力Jがあるのはシヴァ,ケツァクアトル,カーバンクルの3つだけ、さらにそれ以外のジャンクションもメンバー6人分揃っていないのが現状、そこで使うのはHPの書や体力の書などのアイテム。
忘れ草でGFに不要なアビリティを消させて、メンバー6人分揃うように覚えさせましょう。
特にHPJと力Jと魔力J、さらに魔法攻撃が強力なので精神Jもできれば覚えさせる。
これでメンバー全員にバランスよく能力ジャンクションさせて準備万端、いよいよ戦いに臨みます。
アルティミシア1 アルティミシア2
しかしここで思いもよらぬことが、よりにもよって選ばれた3人が
アーヴァイン,リノア,セルフィ......(゚Д゚)
何でよりによってこの3人なのよ! しかしそこはラスボス、ちゃんと考えてるなwww
もちろん全員バランスよく魔法を配置させたけど、でもセルフィには早さジャンクションをしてない、遅いwww
スコールがいないのも痛い、でもなんとかこの3人で突破をしてみせよう。
上の3人でもちゃんとアルテマとメテオとアレイズ、トリプル、オーラなどの強力な魔法は100個まで所持している状態なので、多分問題はないと思うけどwww
しかし戦ってみると、やっぱり案外行けるものです。

第1形態:メルトン+物理攻撃で楽勝、もちろん普通の戦い方で大丈夫だと思うけど。

第2形態:グリーヴァ召喚、いよいよここで登場、Disc2の最後の方で名前をつけたあのライオンの登場。
一体なんでアルティミシアがスコールのグリーヴァなんか知ってるのか、まぁそれはいいとして。
「記憶がなくなる?」の後のショックウェーブパルサーの威力は絶大、あと任意に魔法が消される。
魔法が消されるのは痛い、でも幸いアルテマやメテオなどは消されずに済んだwww

第3形態:アルティミシアがグリーヴァの着ぐるみを被ったような状態になる。ここでは魔法は消されない
グレートアトラクターの威力も高いので注意、毎度のごとく回復はラストエリクサー
リノアとセルフィはひたすらメテオ、アーヴァインは特殊技連発でなんとか撃破、しかし本当の戦いはこれから。

最終形態:もはや最初の姿の面影がない、ここまで気持ち悪いラスボスも見たことない。なぜか敬語だしwww
ヘルジャッジメントでHP1にされるけど、ここで特殊技のチャンス、もちろんその後で回復を忘れないこと。
一番注意しなければいけないのがHPが3割以下になったときに使用するアポカリプスという強力魔法、ろくに魔法防御上げてなかったアーヴァインが即死、大ピンチwww しかも魔法まで消されるし。
それでもトリプルをかけてリノアとセルフィでメテオ連発、アーヴァインは毎度のごとく特殊技連発で攻めまくる。
ラストはリノアのウィッシュスターでとどめ、セリフを発するようになりようやく戦いも終わりです。
アルティミシア3
結論、やっぱりメテオ+トリプルは最強だなwww
結局最後までスコール出番なしだった、主人公なのに (゚д゚) orz

これで正真正銘クリア、あとはエンディングです。
しかしこのエンディング、いろいろ書きたいことがあってかなり長い記事になりそうです。
そこでエンディングに関しての記事は明日にすることにします、いろいろ面白いネタがあるのでwww

theme : ファイナルファンタジーシリーズ
genre : ゲーム

2012-04-16

FINAL FANTASYⅧ攻略日記27 オメガウェポン撃破に成功

キター(゚∀゚)ー!! FF8最強の敵オメガウェポオンを撃破できました。
13年越しの恨みを晴らしてやったぜ、なんてねwww
わざわざDVDレコーダーで録画もしました。
いやー凄い、我ながら感激、もちろん何回も死にかけましたが。



-自分なりのオメガウェポン攻略法-
まず全員のHPを9999、これは絶対やっておかないとね。
あと注意しなければいけないのが属性攻撃Jです。
この属性攻撃Jは普通最強コマンドで自動的に魔法ジャンクションすると大抵サンダガかファイガなどの魔法がジャンクションされますが、
これやっちゃうとオメガウェポンに攻撃する度に吸収されちゃうので注意。
あとはテラ・ブレイク対策、ハッキリ言ってこの攻撃は反則(チート)です。
なんせ体力無視の16回連続攻撃ですから、喰らったら全員ほぼ即死です。
(例えば、LV100でそれなりのステータスの場合、2000~4000ダメージが16回来る、ふざけてんのか!)

続きを読む

theme : ファイナルファンタジーシリーズ
genre : ゲーム

2012-04-14

FINAL FANTASYⅧ攻略日記26 アルティミシア城攻略 -封印解除-

いよいよアルティミシア城の攻略です。
恐らく歴代FFの中でも屈指の難易度を誇るラストダンジョンだと思います(個人的には)。
城の中に入ると以下の8つの能力の封印がしかれます。
・アイテム
・魔法
・ドロー
・G.F.
・コマンドアビリティ
・戦闘不能回復
・必殺技
・セーブ

いきなりこれらのハンデは痛すぎる、瀕死状態になって特殊技連発もできやしない。
今までいかにこれらの能力に頼ってきたか身に染みますね。
魔法のジャンクション自体はできるけど、HPジャンクションしても最大HPまでの回復ができないので一旦外に出る必要がある。
とにかく最初のボス戦は"たたかう"しかできない、階段上るとすぐスフィンクスがいるのでまずコイツを倒します。
恐らく最初に戦うことになる相手なのかかなり弱い、普通に戦う連発で楽勝、アルテマやメテオをジャンクションしてたら速効で倒せます。
パーティを2手に分けて行動するんだけど、いちいちパーティチェンジする度にGFのジャンクションをやり直さなくちゃいけないのが面倒、なのでディアボロスさえジャンクションして"エンカウントなし"をつければ城内の探索が楽になります。
ボス攻略以外にもやらなくちゃいけない作業があってそれがロゼッタ石入手です。

ロゼッタ石入手には水路の中に入る必要があります、しかしこの手順が面倒。
特に礼拝堂にあるパイプオルガンのキーを全部同時に押す、これが難しかったwww
何度やってもかならずどれかのボタンが外れてしまう、これだけで10分はかかった。
○△□×の4つのボタンはともかく、それにR1 R2 L1 L2の4つのボタンまで追加、どうやれというのか?
やり方としてはコントローラーを逆さにしてRとLの4つのボタンを床と接触させるぐらいしかないんじゃないのか。
(ロゼッタ石はGFに"アビリティ×4"をつけさせることができるアイテム)

謎ときとしては唯一ドルメンと戦う画廊の所ぐらいでしょうか。
大きな絵画のタイトルを入力しないとボスのドルメンと戦えません、
そのタイトルは画廊に飾ってある12の絵の中から3つキーワードとなる語句を抽出することで得られます。
そのタイトルのヒントは、画廊の階段上った所から下を見ると床に時計があります、その時計の長針と短針と秒針がさしてあるローマ数字が鍵となります。
Ⅷとあったら、Vが1つ、Iが3つ含まれてある絵画のタイトルを選べということです、つまり「VIVIDARIUM」=「庭園」が1つ目の絵の答えです。
後は短針のⅣ、秒針のⅥから2つの絵画のタイトルを選べば「庭園で眠る使者」というタイトルが得られてこれが答えとなります。
しかしこの画廊の謎ときは攻略本もない状態だとかなり難解ではないでしょうか、
小学生の時はまだそういうのがなかったので本当にてこずった記憶があります。

もちろん8体のボス全て倒さずとも魔女アルティミシアは対戦することもできます。
しかし8体のボスからはステータスガード(ティアマトから)やロケットエンジン(トライエッジから)などの
強力なGF能力薬が入手できるので倒しておいた方が断然よいでしょう。

ドルメン戦-
時々召喚するアリニュメンからメテオストーンを盗める、こいつで稼ぐのもよい。

ティアマト戦-
ティアマトのダークフレアは属性防御にフレアとレイズで吸収できる、ティアマト涙目www

トライエッジ戦-
ティアマトと同じでトラインスパークは属防Jにフレアとレイズで吸収できる、同じく涙目www

ウルフラマイター戦-
グラビデとGFディアボロスで楽勝、物理攻撃は文字通り効かないけどメルトンで体力0にしても楽勝らしいwww

カドブレパス戦-
悪魔の瞳で石化ではなく、雷攻撃しかしてこない、なにそれwww
しかしメテオがドローできるのはおいしい、コイツでできるだけ稼ぎまくる。

ガルガンチュア戦-
特に強くない、ステータス変化がうっとおしいくらい。

コキュートス戦-
カウンター攻撃はかなり威力高いので注意、またやられる寸前でアルテマ使用するのでHP全開で倒そうwww

8体のボスを倒せば準備万端、あとはオメガウェポン魔女アルティミシアとの戦いを残すのみとなりました。
長くなったけど日曜日か月曜日あたりにはクリアできるかなって感じです、
その前にCC団とのカードバトルで消滅したレアカードの再利用でレアアイテムや強力アイテムの精製もやりたい。
特にバハムートのカードからはラストエリクサー×100個が精製できる、これは超おいしいwww

theme : ファイナルファンタジーシリーズ
genre : ゲーム

2012-04-12

FINAL FANTASYⅧ攻略日記25 時間圧縮~アルティミシア城へ

-Disc4開始、魔女アデル撃破-
Disc4開始、サイファーがリノアをアデルに捧げようとしてます。
魔女アデルが復活、身長でかすぎワロタ、そして魔女なのになぜかマッチョwww
魔女アデル戦
(冗談抜きで本当に怖いなこの女、どうしてこうなったwww)
リノアが死んだら終わりです、HPが低くなったら回復させます。
アデル自体はそれほど強くはないです、普通に攻撃していればまず勝てますが
ソウルオブサマサが盗める唯一の敵でもあるのでここできっちり手に入れておきます。
倒せばエルオーネがリノアを過去に送ります、するとここでアルティミシアの時間圧縮がはじまります。

なんかわけがわかんない事態に、一瞬ターミネーターのT-1000かと思ったwww
時間圧縮開始

どんどん下降していき海の底にドボン、すると"はじまりの部屋"という謎の場所に漂着、先に進むと不気味な魔女との対戦、恐らくアルティミシアのしもべと思うけど。
一瞬イデアかと思ったけど、戦ってみると似ても似つかず、最後の奴なんか完全に化け物じゃん。
ここで対戦する魔女たちからメテオストーンアルテマストーンなどが入手できるので盗んでおきます。

未来の世界に到着、そこはアルティミシアの世界、未来のSeeD達が何人も倒れています、なんとむごいwww
巨大な鎖の上を行けばそこはアルティミシア城、しかしここで元の世界に戻ることもできます。
三つある扉の内真ん中にあるのを選べばセレンゲッティ平原に出られて、ここからなら飛空挺ラグナロクのある場所まで行けます。
ここからラグナロクのあるカシュクバール砂漠に行くのはちょっと面倒です、北の方にあるチョコボの森に行きそこでチョコボに乗って、南の浅瀬を通り東の大陸まで移動しなければいけません。
ラグナロクに乗ることができればなんと中にはCC団が、これでいつでもカードゲームできます。
彼らとの勝負で消滅したレアカードも使えるとのことで、カード変化を利用すれば反則的なパーティ強化ができそうです、たとえばギルガメッシュの聖戦の薬×10とかwww
街や建物のマップなどは周りにバリアが張られていて入ることができません、でもトンベリのショップ関連のアビリティでがあればほとんど解決するんだけどね、レアカードも全部手に入ってることだし。

-アルティミシア城-
いよいよアルティミシア城に到着、正真正銘ラストダンジョン、どことなく聖剣伝説3のダークキャッスルに似てる感じがwww 入るといきなり能力封印のハンデを背負うことになります。
ドローや魔法やGFというコマンド、挙句の果てはセーブまで封印されてしまいます。
ドローや魔法ならともかく、なんでセーブまで? これは本当にまいったwww
ボスを倒せば能力封印を任意に解除することができます、倒すボスの順番も考えないといけません。
アルティミシア城1
11年前のプレイ時では攻略情報が乏しかったので相当クリアに苦労した、今でもかなり嫌な記憶があります。
能力封印のハンデもそうなんですが、何よりも仕掛けや謎ときもかなり複雑なんですよね。
しかし最大の難関はなんと言ってもオメガウェポンですね、小学生の時は倒せなかった苦い思い出があります、13年越しにリベンジを果たしたいwww

theme : ファイナルファンタジーシリーズ
genre : ゲーム

プロフィール

gundam383

Author:gundam383
ようこそわが楽園へ!
このブログでは管理人のレトロゲームプレイ内容を記事にして紹介しています。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
このブログの訪問者数
フリーエリア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。